一番多い仕事 | 製作屋に務める親父の独り言

製作屋に務める親父の独り言

実川製作のホームページでネジや部品を製作、販売しているが、製作畑50年の親父が思ったことや出来事を気ままに書いています。
個人のブログもやっています、そちらも見てください。
http://yume0218.jugem.com
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 樹脂の加工1 | main | ギアの製作 >>
一番多い仕事
0
    材質=鉄(SS400)
    フランジの製作、やはり、汎用旋盤仕事が一番多い。

    近頃はNC旋盤で製作することが多いが,数が少ないといい顔をしない。

    もともと、NC旋盤やマシニングは数が少ない、複雑な加工をするために
    生まれてきたと思っているのだが。

    汎用旋盤では球加工や逃げ溝加工などは、それぞれに全形バイトを手研ぎで作り、加工後にヤスリやペーパーで滑らかに仕上げていた。
    それが、NC旋盤だと簡単なバイト1本で作れてしまう、球面だろうと、溝だろうと、001mmの公差だろうと。
    だけど、NC旋盤を持っているところは、数の有る物、出来るだけ長い時間人の手がかからない物ばかりを要求する。
    腕が無いのか、頭が無いのか、人に頼まなければいけないとき、いつも悔しい思いをする。
    発想の転換、頭の切替をしろよ。
    昔の職人が体で覚えた、早くいい仕事をする努力を今の職人は忘れたか。
    いくらNCの時代だといっても動かすのは人間だ、生き残るには1個でもNCを利用して製作しようとする努力と発想のひらめきが大事だ。

    | 製作屋に務める親父の独り言 | 11:31 | comments(1) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    おっしゃる通り。
    | カーボン職人 | 2008/12/17 5:38 PM |
    コメントする