製作屋に務める親父の独り言

製作屋に務める親父の独り言

実川製作のホームページでネジや部品を製作、販売しているが、製作畑50年の親父が思ったことや出来事を気ままに書いています。
個人のブログもやっています、そちらも見てください。
http://yume0218.jugem.com
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
やはりDMMはすごい
0
    JUGEMテーマ:製作屋の裏話
    昨日、Y字管を製作できないかと相談をうけた。
    自宅に有る3Dプリンターでプリントして見たが上手くいかない先端の螺旋が小さすぎてプリントできない。
    試しにDMMへSTLファイルを送ってプリントしてもらった、機械の違いか細部まで綺麗にプリントされている。
    樹脂の種類も豊富だし、チタンなどもプリントできる、今度は金属で何かをプリントしてもらおう

    Y字管ABS
    自宅の3DプリンターでABS樹脂でプリントした物
    Y
    DMMに依頼してアクリルと名前は忘れたが2種類の材質でプリントしてもらったもの
    依頼主は喜んでいた。使用できるようで、首の短い物を更に頼まれた。
    いい時代、困った時代??
    型を起こして樹脂を流し込まなければ出来ないし型代等がうん十万になるのに
    1個何千円で出来てしまう、もちろんデーターは自分で作らなければいけないが
    また仕事の巾が広がった
    | 製作屋に務める親父の独り言 | 16:49 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    空き缶つぶしがやっと完成??
    0
      JUGEMテーマ:製作屋の裏話
      社長が実川製作の目玉になる物が欲しいとの意をうけ、自転車と空き缶つぶしを合体させて製作をしていたが
      やっと90%完成した、大学の教授でもないので圧力計算に苦労した、機構サンプルを作り、いけそうだったので製作にはいったが
      位置の割り出しに苦労したので取り合えずアルミフレームを使用して製作してみた、採寸をして、もっと安く製作販売が出来れば面白いかも。
      社長が町会長をしていることもあって、子供が面白がって缶つぶしに挑戦できて機構、構造の勉強にもなるようにと中が見えるように最終仕上げをしようと思っている、缶投入をどうしようかと悩んでいる最中だが、1個ずつ確実にはいるようにリボルバー機構を取り入れてみようと思っている、やはり人力では缶2つが良い所なので確実に潰せるように1個しか入らないようにしてみるつもり
      空き缶つぶし1
      完成したら子供たちの面白がるだろうな、モータ仕掛けはあるが人力での物は始めてかもしれない
      しかも中が見えるように透明な樹脂でカバーをしたら不思議がるだろうな
      あと少しで完成だ、がんばろう、展示会などで発表するつもりだ
      欲しいという人がいたらLアングルと溶接で製作したものを分けることにしよう
      | 製作屋に務める親父の独り言 | 14:31 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
      ブログを1本に統一します。
      0
        JUGEMテーマ:3Dプリンタ
        JUGEMテーマ:製作屋の裏話
        すいません、会社ブログと個人ブログを分けて書いてきましたが、最近時間が無くなってきたので
        会社ブログはしばらく休みます。
        しばらくは個人ブログ1本で記事を書いていきます。
        http://yume0218.jugem.jp/
         
        | 製作屋に務める親父の独り言 | 11:22 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
        シェア工房を見学してきた
        0
          JUGEMテーマ:製作屋の裏話

          先日、シェア工房なるものを見学してきた
          目黒に有る「makers'base」という所

          今後、拡大する業種と実感をしてしまった。
          物を作る人間は減ってきているが物を作りたい人間は増えている。
          特に若い女性がオンリーワンの装飾品やバックなどを作りたく集まっている。

          ネットショップでも主婦が家事の合間に作ったイヤリングやネックレス、小物などを売るショップが増えている。
          売り上げの20%とか30%のマージンで決済までしてくれる。

          そんな中で作りたいが場所や機械を置けなくて作れないでいる人たちに有償で廃工場を改築してフリースペースとして開放している、しかも機械の取り扱いや初歩的なことをを教えてくれる、その後は教習を受けた機械は自由に使えるシステムだ。

          メーカーズベース
          私も入会をしてレーザー加工機の講習を受けることにした。
          やはり生涯職人なのかな、触ったことのない機械や面白いと思うとやりたくなってしまう。
          そこは木工や溶接、ミシン刺繍やシルク印刷、UV印刷、レーザー加工から3Dプリンターとかを講習を受ければ自由に使える
          溶接はしたことが無いし、木工旋盤を回したこともない、ついでに皮の加工やミシンも勉強してみようか
          そんな気持ちや好奇心は年老いてますます盛んになってきたようだ。
          私も実川製作の中でオンリーワンや特殊物の製作を多く受けてきたが、自社の機械や場所だけでは限界がある、
          そうしたシェア工場が増えれば更に面白い物を作れそうだ

          今までのような量産型の工場は日本では立ち行かなくなり、職人とよばれた人たちがやめていくなかで、新しい形が生まれそうな予感をしているのは私だけだろうか
          アニメや可愛いといわれるファッションが日本発、世界へとなってきているように、個人が自分のアイデアで物を作り発表する場を得ておおきく化けていくと思う。
           
          | 製作屋に務める親父の独り言 | 17:48 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
          スライダーを3Dプリントしてみた
          0
            JUGEMテーマ:3Dプリンタ
            JUGEMテーマ:製作屋の裏話
            先だって相談を受けた、スライダー機構をプリントしてみた。
            3Dでプリントしたので厚みが出たが、ステンレスの板で作れば薄く出来る。
            頼まれたわけではないが面白いと思うとつい、製作をしてしまう。
            自分の考えた物が、うまくいくかどうかを試してみたくなる、今までは木や真鍮板などで製作をしてみたりしていたが
            自宅ではなかなか出来ない、そこで自宅にある3Dプリンターでテストプリントをして確認してみた。
            間単にテストピースを作れるので重宝している、プリントしてみて不具合や調整が必要な部分等を確認しやすくなった。
            スライダー1
            外れないように蓋をしてみた
            スライダー
            孫が面白がって引っ張ったり押したりして遊んでいる。
             
            | 製作屋に務める親父の独り言 | 09:34 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP